読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

var log

雑記

Ubuntuに最新のgitを入れてみた

Ubuntuで最新のgitを入れてみた。 ※Ubuntuは15.10

$ sudo add-apt-repository ppa:git-core/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install git
$ git --version
git version 2.8.1

尚、add-apt-repositoryコマンドがインストールされていない場合は以下コマンドでインストールする。

$ sudo apt-get install software-properties-common

Scalaはじめてみる - (その1) 環境構築

何となくScalaに興味を持ったので、取り敢えず触ってみることにした。
最初にコップ本を読んでいたが、正直、初心者が入門書として使用するには厳しい様に感じた。
そこで、まず以下資料を読んでからコップ本を読むことにした。

www.amazon.co.jp

今回は、まずScalaの環境を構築してみる。

前提

ここでは以下環境で実行しているものとする。

また、既にJDKがインストールされているものとする。

Scalaのインストール

Homebrewからインストールする。

$ brew install scala
$ scala -version                                                                                   │
Scala code runner version 2.11.7 -- Copyright 2002-2013, LAMP/EPFL 

sbtのインストール

標準的なビルドツールであるsbtをインストールする。
sbtの使い方は取り敢えず、後で学ぶ。

$ brew install sbt

なぜかsbt --versionでsbtのバージョンが確認できなかったので、以下コマンドで確認した。

$ sbt --version                                                                                    │
[error] Not a valid command: version (similar: session)                                            │
[error] version                                                                                    │
[error]        ^                                                                                   │                                      │
$ sbt sbtVersion                                                                                   │
                                                                                                   │
[info] Set current project to develop (in build file:/Users/shigo3/)                   │
                                                                                                   │
[info] 0.13.9   

以上で環境構築は完了した。次回以降基礎文法に触れていく。

Reスタート

ブログ再び始めます。

プログラミングのメモ、アニメ、マンガの感想など色々書いていこうと思います。

以前も一度ブログをやっていたのですが、3日で終了してしまったので、
取り敢えずは継続して更新していくことが当面の目標です。